少子高齢化の時代

部屋

在宅介護推進に需要増

少子高齢化や老々介護等、ご自宅においてご高齢者のみの世帯が増えている事も一因でしょう。そういった中、事前にバリアフリーのリフォームを手掛けるお宅も増えています。この傾向が見られるようになったのはごく最近の事です。そもそもバリアフリーという言葉は兼ねてより存在していたものの、関係者以外に余り知られる事はありませんでした。それが公共機関等いわゆる社会においてのバリアフリー化が進められた頃より、マスコミ等で大きく取り上げられバリアフリーについて広く知られるきっかけとなりました。以降高齢化社会が益々クローズアップされる中、各ご家庭でバリアフリーのリフォームを行われるお宅が増えました。リフォームそのものも新しい提案が続々と打ち出されていて、バリアフリーは今新しい局面を迎えているとも言えます。

メリットのあるバリアフリーが理想

バリアフリーのリフォームにおいて、焦点となるのは基本的対象者の利便性です。しかしこれからのバリアフリーのリフォームは、それに留まらず全ての人にメリットのあるものが理想です。例えば段差ですが、これはご高齢の方もお若い方も無い方が何かと助かると受け入れられ易い傾向にあります。しかし手すりは賛否両論で、他にもバリアフリー特有の設置には対象者以外にはメリットを感じさせないものが少なくありません。そういった中において、ご家族が必要、介護に必要といった理由で受け入れられているといったケースが多いのが現状です。しかしこれからはそういった垣根を取り払うような、万人に受け入れられるようなものが求められるでしょう。それはデザインに注目したり多機能といった工夫等により、実現されると期待します。

Copyright© 2017 住み良さ120点のリフォームを目指そう|高齢者が喜ぶ空間作り All Rights Reserved.